Kenji Ide – Banana Moon, Watermelon Sun (Landmarks)

井出賢嗣 バナナの月 スイカの太陽 (ランドマーク)

(English follows Japanese)

2021年10月22日ー11月14日
開廊日:金土日(要予約)
問い合わせ:hello@goyacurtain.com もしくはInstagramのDMまで

Goya Curtainより井出賢嗣のインスタレーション、および彫刻作品をご紹介致します。

井出賢嗣はアーティスト、家庭人、そしてたまにラッパーである。彼の親しい友人たちは井出のことをロマンチストだという。井出は最近自慢のオンボロ車を、新たなオンボロ車と取り替えたばかりだ。この愛するトヨタのステーションワゴンとの別れを告げるため、井出はこのワゴン車の車内にて「サヨナラマークII」と題したグループ展を開催した。

井出の作品は木材、革、蝋、糸などの天然素材で作られたささやかな作品で構成されている。ある作品は風景か迷路、あるいは先史時代の遺跡の模型を想起させ、またある作品は子どもの学習発育のための知育玩具のようである。どの作品も素朴で、そしてどことなく霊的なものを漂わせている。こうした彼の作品の性質を井出の父親は四次元的だと表現する。さながら人間の力が及ばない場所から来たのだと。井出の作品では大きなものこそ小さく表現される。ここで我々の想像力の出番という訳である。バナナは月に、スイカは太陽に、などなど……

今回のGoya Curtainの展示では井出は空間の趣、そこで鑑賞する観客の経験について考察する。ここではいわゆる「普通」のギャラリーとはまったく異なる体験としてのアートがある。観客はアポイントを取り、入廊に際して靴をぬぎ、主宰とも親密なやりとりが必要である。空間の「公的」と「私的」な境界は曖昧となり、ヒトとアートと建築、そして時間の関係性はより濃密なものとなる。作品を鑑賞することでその空間のなかに観客がに自分自身の存在を見出す、それが井出のささやかな願いである。

井出賢嗣(1981-)神奈川県在住

Translation by Hiroshi Ohoka

Kenji Ide – Banana Moon, Watermelon Sun (Landmarks)

October 22nd – November 14th, 2021
Open Fridays, Saturdays & Sundays by appointment
Contact hello@goyacurtain.com or Instagram DM – Thanks!

Goya Curtain presents an installation of sculpture by Kenji Ide.

Kenji Ide is an artist, family man, occasional rapper, and has been described by close friends as a romantic. He likes old things and recently traded his old car for a new old car. To bid farewell to his trusty Toyota station wagon he organized a group exhibition held inside the car titled ‘Sayonara Mark II’.

His recent works are small in scale and made from natural materials such as wood, leather, wax, and string. Some works are reminiscent of landscapes, mazes or models of prehistoric monuments, others of games or object based educational tools for kids to promote thinking, learning and engagement. The works are casual with a vague sense of something spiritual. Kenji’s father talks about this particular sense as the fourth dimension - a place of non-human power. In the case of Kenji’s work big ideas are made small and our imagination gets to work; the banana becomes a moon, the watermelon a sun, etc.

At Goya Curtain Kenji considers the atmosphere of the space and how visitors experience exhibitions there. Here the concept of viewing art is different to that which is usually suggested by the gallery context: an appointment is needed, shoes are removed before entering, and interaction with the host is necessary. The line between public and private is blurred and the relationships between people, art, architecture, and time are heightened. Kenji hopes the audience will feel their own presence in the space while contemplating his works.

Kenji Ide (b.1981) lives and works in Kanagawa, Japan.