Alex Gawronski - Untitled (facilitates access), 2019, (detail)

Alex Gawronski - Untitled (facilitates access), 2019, (detail)

Axes

(English follows Japanese)

2019年7月6日~28日
予約制: hello@goyacurtain.com
オープニングレセプションはありません

この度Goya Curtainでは、シドニーにあるアーティスト運営スペース、KNULPによる展示を開催いたします。本展示ではディラン・バッティ、ミッチェル・カミング、マリア・スミット、アレックス・ガウロンスキ、シェーン・ヘイズマンの作品を披露いたします。

私たちを守るものは、私たちを包含もします。空間はコンテクストに応じた関係性と可能性から成るものだと考えることができ、関係性と可能性はいずれも制限から逃れられることはできません。Goya Curtainは現在、住居用建物、すなわち一連の固有な制限をかかえた空間に存在しています。本展示は影響とつながりの様々な座標軸について考察し、ローカルおよびグローバルのコンテクストにおけるアクセスの概念に焦点を置いています。

Goya Curtainは池袋駅C1出口から徒歩8分

アレックス・ガウロンスキのプロジェクトはNational Association for the Visual Arts (NAVA) が管理するVisual Arts Fellowshipの支援とCopyright Agency’s Cultural Fundからの資金援助を受けています。

Axes

July 6th - 28th, 2019
By appointment only: hello@goyacurtain.com
Note: There will be no opening reception for this exhibition.

Goya Curtain is pleased to announce an exhibition by Sydney based artist-run space KNULP, which includes works by Dylan Batty, Mitchel Cumming, Maria Smit, Alex Gawronski and Shane Haseman.

What secures us also contains us. Space can be thought of as a set of relations and possibilities, depending on context, none of which are without limits. Goya Curtain currently occupies a residential building, a space with its own particular set of limitations. This exhibition considers various axes of influence and connection, and focuses on notions of access in both a local and globalised context.

Goya Curtain is an 8-minute walk from Ikebukuro station exit C1

Alex Gawronski’s project is supported by a Visual Arts Fellowship administered by the National Association for the Visual Arts (NAVA) and funded through the Copyright Agency’s Cultural Fund.

Sponsor 1
Sponsor 1