Soshi Matsunobe - Ghost of Copy (gray base #3), 2019, Ink jet print, 545 x 394mm

Soshi Matsunobe - Ghost of Copy (gray base #3), 2019, Ink jet print, 545 x 394mm

松延総司 - Soshi Matsunobe

(English follows Japanese)

2020年02月01日~03月01日
お越し頂く際は事前予約制となります。hello@goyacurtain.comまでご連絡ください。
オープニングレセプションはありません。

この度Goya Curtainでは日本を拠点に活動するアーティスト、松延総司の個展を開催いたします。

ミニマルアートやコンセプチュアルアートが扱っていた問題を引き継ぎ、幾何学やマルチプルへの関心を示す松延は、点、線、影などの要素の本質について探求してきました。故ソル・ルウィットの作品においてもそうだったように、「キューブ(立方体)」は松延の作品の重要なテーマとなっています。キューブは点と線によって、または容器として表現されますが、それは抽象的な概念と物体の間のどこかに存在していると作家は言います。今回松延はGoya Curtainのモジュール空間から着想を得て、キューブの形態的特性に基づいた虚像の幾何学と、実体を持つ不可解な影を扱った新作を発表します。また写真シリーズ「Ghost of Copy」や、セメントで作ったハンドメイドの石のインスタレーションも共に発表されます。

松延総司
1988年生まれ。滋賀県在住。Hagiwara Projects(東京)所属。

松延総司 - Soshi Matsunobe

February 1st ‒ March 1st, 2020
By appointment only: hello@goyacurtain.com
Note: There is no opening reception for this event.

Goya Curtain is delighted to announce a solo exhibition by Japan based artist Soshi Matsunobe.

Following the concerns of minimal and conceptual art, and with an interest in geometry and multiplication, Matsunobe’s work investigates the nature of points, lines and shadows. Influenced by the late Sol LeWitt, the cube is a repeating motif in Matsunobe’s output. The artist states that cubes are often expressed in terms of points and lines or as containers, and exist somewhere between an abstract concept and an object. Taking cues from Goya Curtain’s modular architecture, Matsunobe will present a number of recent works that play with the virtual geometries inherent in the cube form and the tangible ghostliness of the shadow. These works will be supported by several photographs from his ‘Ghost of Copy’ series and an installation of handmade stones.

Soshi Matsunobe
b. 1988, lives and works in Shiga Prefecture, Japan, and is represented by Hagiwara Projects, Tokyo.