Matt Hinkley

Matt Hinkley

Attach an updated drawing, as the numbers have changed in the room. Also rotate the rooms so they are sitting this way.

(Japanese follows English)

November 24 – December 22, 2018
By appointment only: hello@goyacurtain.com

Goya Curtain is pleased to announce an exhibition by Rotterdam-based Australian artist Matt Hinkley.

Hinkley’s recent sculptural practice involves the meticulously handmade reproduction of ordinary objects and materials. His small-scale works are known for their fine detail and subtle abstraction. At Goya Curtain, Hinkley will present a new floor-based work made with our tatami room in mind. The artist has stated that as he worked on this show, the works began to shrink rather than grow. In challenging himself to work with ever-finer detail, he has found himself casting items such as the hairs of a brush.

In their scale and detail, Hinkley’s works are reminiscent of Charles and Ray Eames’ film Powers of Ten (1977), which attempts to depict the relative scale of things. Beginning with Earth and expanding to the entire universe, the films then reduce their focus until they reach the scale of a single atom. Viewers may experience a similar shift in scale at Goya Curtain when they encounter Hinkley’s work. Situated at floor level, the fine detail of this work invites us to adjust our perception so as to appreciate the unfamiliar in the everyday.

Matt Hinkley
b. 1976, Narrandera, Australia; lives and works in Rotterdam and is represented by Sutton Gallery, Melbourne, Robert Heald Gallery, Wellington, and Sarah Cottier Gallery, Sydney.

マット・ヒンクリー

(部屋の寸法が変わったので新しい図を添付します。また、向きをこのように変えてください。)

2018年11月24日〜12月22日
事前予約制のみ:hello@goyacurtain.com

Goya Curtainはロッテルダム在住のオーストラリア人アーティスト、マット・ヒンクリーによる展示を開催いたします。

ヒンクリーの近年のスカルプチャー作品は、日常的な物体や素材を手作業で緻密に再生成したもので、小さなスケールの数々の作品は細かなディテールと微妙な抽象性が特徴的です。Goya Curtainの展示では、畳を意識して制作した、フロア上で表現する新作品を発表します。本作の制作を進める中で、作品は広がっていくのではなく縮んでいったとヒンクリーは話しています。ブラシの毛などの素材を採用するほど、これまで以上に細かいディテールに挑戦しています。

そのスケールとディテールから、ヒンクリーの作品はチャールズ・イームズとその妻レイによる映画『パワーズ・オブ・テン』(1977年公開)を彷彿とさせます。物体の相対的なスケールを描写したこの映画は、芝生に寝転がる男性からズームアウトして宇宙の果てまで広がり、その後フォーカスが戻っていって原子レベルに到達します。このようなスケールのシフトを、Goya Curtainのヒンクリーの展示を見て感じられるかもしれません。フロアに散りばめられた緻密な作品のディテールから私たちのフォーカスが調節され、日常的な光景の中に見慣れない何かが見えてくるかもしれません。

マット・ヒンクリー
1976年オーストラリア、ナランデラ生まれ。ロッテルダム在住で、メルボルンのSutton Gallery、ウェリントンのRobert Heald Gallery、シドニーのSarah Cottier Galleryに所属する。

Translation by Ayumi Watanabe