This is Goya Curtain

Goya Curtain is an art and project space situated in Tokyo's Ikebukuro neighbourhood. The space is a standard 1K (one room with kitchen) apartment constructed in the 1950s consisting of a six mat tatami room, small kitchenette and wardrobe space. Goya Curtain was established in 2016 by artists Joel Kirkham and Bjorn Houtman and hosts exhibitions, projects and live performances.

Goya Curtainは東京都池袋にあるアート/プロジェクトスペースです。利用しているアパートは1950年代に建てられた一般的な1Kで、6畳の和室、小さな台所、押入れがあります。2016年にアーティストのジョエル・カーカムとビヨン・ハウトマンによって設立されて以来、Goya Curtainは多数の展示会、プロジェクト、ライブパフォーマンスを開催しています。

The name for Goya Curtain emerged from the time of Japan’s earthquake of 2011, the consequent tsunami, and the Fukushima nuclear power plant accident. The nuclear plants were shut down and summer was on its way. Electricity had to be rationed but summer in Tokyo can get very hot and humid. So, instead of air conditioners, companies and households were encouraged to grow green curtains of climbing plants, including the goya or melon (gourd), to battle the heat. Curtains of leaves were trellised over walls, balconies, and windows to keep room temperatures down by blocking the direct sun. Although this was not a new strategy, that summer many more walls of green appeared across Tokyo. Noting these green curtains, Kirkham and Houtman started a zine to document the time after the quake, and called it Goya Curtain. In 2016 they opened the gallery, enjoying the way the name for the bitter melon plant also played on the great Spanish artist Francisco de Goya, who experienced his own kind of bitterness living out his life in France in self-imposed political exile.

Goya Curtainという名前は2011年の東日本大震災に由来しています。その年、繰り返し押し寄せた津波と福島の原発問題によって、夏を目前にして福島原発は閉鎖されました。電力の供給を制限しなければならない事態になりましたが、夏の東京は酷く蒸し暑くなります。そのため、エアコンを使う代わりに、企業や家庭はゴーヤやメロンなどのつる植物を育ててグリーンカーテンを作ることで猛暑に対抗することが推奨されました。格子状の緑のカーテンは壁、ベランダ、窓を覆うように広がり、直射日光を遮ることで室内の気温上昇を抑える効果があります。この手法はそれ以前からあった暑さ対策ですが、2011年の夏は東京全体で例年よりずっと多くのグリーンカーテンが見られました。このグリーンカーテンに着目して、カーカムとハウトマンは震災後の時勢を記録したジンを制作し、『Goya Curtain』というタイトルをつけました。2016年、二人はギャラリーをオープンし、苦いゴーヤと、政治的理由からフランスに亡命して苦い晩年を過ごしたスペインの巨匠フランシスコ・デ・ゴヤを掛け合わせたこの名前を採用しました。

Art + Australiaに掲載されたキャサリン・デールによる記事 (2017年) より抜粋:

http://www.artandaustralia.com/online/dispatches/goya-curtain-tokyo

For enquiries and submissions please contact us at: hello@goyacurtain.com

Goya Curtain
Nakatsuji Apartment #1
3-30-25 Ikebukuro, Toshima-Ku
Tokyo 171-0014

お問い合わせ:hello@goyacurtain.com

Goya Curtain
〒171-0014
東京都豊島区池袋3-30-25
仲辻アパート1号室